MENU

デリケートゾーンをサロンで脱毛する場合、自己処理はどこまですれば良いの?


デリケートゾーンをサロンで脱毛する場合『自己処理はどこまですれば良いのか』、特にお手入れ初心者女子には悩ましいところです。
サロンでの処理をどこまでするのか、そのレベルにもよります。
基本的には全てツルツル状態を目指しての契約であれば、デリケートパーツは全体を処理していく必要があります。

形や残し方は人それぞれの好みがわかれる

ビキニラインだけは好みがあるので、残したい時にはその形で処理をしていくことでサロンでの照射で形を残すお手入れをすることができます。

ビキニラインを残したい女子はいますし、形を希望でで残したい人もあります。
ナチュラルな形で整えたいとか、サロンでも形の一覧表を用意しているのでスタッフと相談をしてみましょう。
最初は毛量が多い人はほとんどなので、全体的に処理して光照射も行い、数回後からは希望の形に整えて、その形での光照射という形でのお手入れが一般的です。
最初から希望の形で残しての光照射をすると毛量が多すぎて変な仕上がりになりやすいです。

脱毛前のアンダーヘアの処理

アンダーヘアの処理については、最初は特に毛の量が多いことと、長いことでお手入れに手こずります。
そのままカミソリなどを当てると、カミソリの刃に体毛が絡まってしまい、上手に処理はできません。
そこで長い毛を最初にハサミを使いカットします。
ある程度はハサミでカットしたほうが、そのあとで自分でするシェービングは、やりやすくなるのでハサミでのカットは、ひと手間入れるつもりで使用をすることです。

T字のカミソリはちょっと危険


アンダーヘアの処理をするときに、T字のカミソリを使う人はいますが、カミソリをアンダーパーツに使用するのは、少々危険が伴うとも言えます。
皮膚も薄いですし、形状も複雑な上に毛量も多いので、自分で行うシェービングは容易ではありません。
カミソリは簡単処理ではありますが、複雑なパーツの処理になるとかなり気を遣う処理をすることになるので、本人的にも疲れてしまいますし、傷を付けないように気をつけて慎重に行わなくてはなりません。無理なカミソリでの剃毛は肌を傷付け黒ずみの原因になることもあります。→おすすめの乳首をピンクにする方法は?

 

電池式のシェーバーがおすすめ

デリケートパーツを自己処理するときにはT字カミソリを利用するのではなく、顔用で市販されている電池式の小さなシェーバーを利用するのが安全です。
多くの女性は顔用に利用をしていますし、脱毛前のボディのシェービングでも利用をすることが多いです。
安全第一で製造をされていますし、費用的にも3千円前後での商品価格ですので購入に無理な費用ではありません。
安全に自己処理するとしたら、電気式のシェーバーがデリケートゾーンには向いています。

このページの先頭へ